学生留学先比較ブログ!
~アメリカ・カナダ・オーストラリアの留学の違い~
アメリカ留学の特徴

アメリカ留学の特徴!メリットは娯楽でデメリットは移動手段?

こんにちは!

今回は僕が初めていった留学先の国であるアメリカについて、

  • どんな特徴やメリットがあるのか?
  • 生活する上での注意点は?

といったことを書いていきたいと思います!

留学先としてはかなり王道の国とはなりますが、実際に行ってみないと分からない事もあると思うので僕の経験談を元にアメリカ留学のメリット・デメリットをまとめていきますね!

アメリカ留学を将来考えられている方は是非ご覧ください!

僕のアメリカ留学体験談!

僕がアメリカ留学先に選んだのはオレンジカウンティと呼ばれる街です。

オレンジカウンティはカリフォルニア州の南にあり、ロサンゼルスから車で30分くらいにあります。

どちらかというと田舎に近い環境で、サーフィンの発祥地としても有名な高級リゾート地域として知られています。

なぜこのオレンジカウンティを留学先にしたのかと言うと、当時アメリカのドラマの「The OC」という番組を良く見ていて、その舞台がオレンジカウンティだったからです。

そのドラマがめちゃくちゃ面白くてハマってしまい、自分もこのオレンジカウンティに行ってみたいと思ったのがきっかけです(笑)

 

実際に行ってみて感じたのはとても穏やかで過ごしやすい雰囲気だなということです。

アメリカも広いので行く場所によって気候は全然違いますが、カリフォルニア州はとにかく温暖で年間の300日は晴れると言われています。

また海が凄くきれいで、よくホームステイ先の自転車を借りて散歩したりしていました。

正にドラマの中に出てきたような雰囲気で、こんなところで老後を過ごせたら最高だな~と思いました!

アメリカ留学の思い出!

アメリカ留学をして感じたのは何もかもが豪快だということです。

道がとにかくだだっ広くて、人々もちょっとやそっとのことじゃ動揺したり驚いたりしません。

 

あと特に驚いたのが海についてですね。

海と言っても日本にもあるので同じような感じだろ~と思っていたのですが、実際は全然違ってアメリカの海はとにかく冷たいです。

日本人が想像する5倍くらいの冷たさだと思います(笑)

また波もかなり激しくて、最初は全く立っていられませんでした。

流石サーフィンの発祥地と言われているだけあって、これだけ波が強かったらサーフィンしたくなるのも分かります。

水の冷たさも波の強さもある程度分かっていないと日本人だと最初は耐えられないと思います。

何回も入るうちに僕は慣れましたけど(笑)

 

またホームステイ先もすごく豪華な家でした。

向こうの人からしたら普通なのかもしれませんが、部屋それぞれの広さが尋常じゃないですし、家に普通にプールが付いています。

プールと言ってもちっちゃなものではなく、結構泳げるレベルです。

これだけの家にずっと住めたら最高だなーと思えるくらい良いホームステイ先でした!

アメリカ留学のメリットは?

僕のアメリカ留学の思い出に触れたところで、他の国と比べてどんな点が良かったのかも書いていきたいと思います!

広く使われている英語の発音が学べる!

世界的に広く使われている英語ですが、実は発音の仕方が国によって違います。

アメリカやカナダ、イギリス、オーストラリアなどそれぞれに発音やアクセントの癖があって、同じ英語を話す人同士でも聞き取れないこともあるくらいです。

その中でも特に広く使われている発音がアメリカの英語なので、ここで英語を学べばかなり使い勝手が良い英語力が身に付くと思います!

とにかく何もかもが豪快で豪華!

アメリカは知っての通り、世界で一番経済的に豊かな国です。

特に僕が行ったオレンジカウンティは高所得者が多い地域だったのもあるのですが、色々なもののスケールが日本とは違う事に気付きました。

まず家の広さや道の広さが半端ないです。

またコンビニなども日本とはまた違ってフロートドリンクを自分で作れたりします。

あと食べ物の大きさも日本とは全然違いました。

同じ値段でも基本的に日本の3倍くらいのサイズになります。

日本のLサイズがアメリカではSサイズになりますね(笑)

ありとあらゆるものが笑っちゃうくらいスケールの大きい生活をしたいならアメリカ留学は非常におすすめです!

カリフォルニア州ならサーフィンし放題!

これはカリフォルニア州などの海辺の町限定の話になりますが、さっきも書いた通りに波がとにかく強いのでサーファーにとっては最高の町になります!

日本だとサーフィンのポイントを探すのにも一苦労で、見つけても余り良い波が来ないという事も良くあると思いますが、カリフォルニアの海にはそんなことはありません。

どこへ行っても最高の波と出会えるので、サーフィンを楽しみたい人はカリフォルニアはかなりおすすめです!

アメリカ留学で注意するべきポイントは?

アメリカ留学のデメリットというか注意するポイントも書いていきたいと思います。

お金がとてもかかる

まずは何といってもお金についてですね。

アメリカの物価は決して安くはありません。

一つ一つのサイズが異常にでかいので、相対的には物価や安くはなるのですがそれでもお金は色々とかかります。

特に大学や語学学校などに通うための学費ですね。

アメリカは世界でも有数の大学が集まる国で、一つ一つの学校の学費は留学生だと4年間で1千万円くらいかかったりします。

となると語学学校の学費も比較的高いので、しっかりと楽しむには日本でかなり貯金しておいた方が良いと思います。

車移動が基本で交通機関があまり豊富じゃない

公共の交通機関が豊富じゃないのもデメリットになると思います。

僕のような短期留学生の場合は向こうで車を買う事は無いので、移動がとにかく大変ですね。

ホームステイ先から語学学校に通うのにも、バスを2,3台乗り継がないといけませんでした。

さらにバスの本数もとても少ないので必然的にバスを待つ時間がかなり長くなります。

ロサンゼルスなどの都市部であればまだましかもしれませんが、それでも大学生は車移動が基本なので車持ちでない学生はかなりフラストレーションがたまると思います。

車を購入するお金がかかりますし、快適に留学生活を送るにはかなりの資金が必要なのは覚悟した方が良いと思います!

ビザの取得ハードルが高い

あとはビザの取得が結構難しいという点です。

ビザとはその国に滞在を認めてもらうための許可証のようなもので、パスポートの他にこれも発行してもらわないと違法滞在になってしまいます。

留学生は学生ビザで滞在できるのですが、アメリカは過去に9.11事件があったので入国についてはそれからかなり厳しくなっています。

日本にいる間にビザを取得しますが、色々な必要書類を集めたり、わざわざ予約をとって大使館に行ったりなど結構大変でした。

自分一人だとそうとう難しいので留学エージェントや専門の業者などに依頼すると良いと思います!

まとめ

今回はアメリカ留学の特徴やメリット・デメリットについて、実際に留学していた僕の体験談をまとめてみました。

お金や車問題など結構デメリットがあるにはあるのですが、それらをクリアーできる人ならかなり有意義な留学生活を送れる国だと思います!

留学から数年経った今でもアメリカという国のスケールの大きさに対する感動はよく覚えているので、人生で一度は体験しておくべきなんじゃないかなと思いますね。

これから留学を検討している方はお金に問題がなければいい候補になると思います!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です