学生留学先比較ブログ!
~アメリカ・カナダ・オーストラリアの留学の違い~
アメリカ留学の特徴

アメリカ留学の手続き手順!有料エージェントを使わず自力でやるには?

こんにちは!

今回はアメリカ留学をするための手続き手順について説明していきたいと思います。

留学をしたいと思っても実際に成功させるには色々とハードルがあります。

僕の過去の経験を通して「アメリカに語学留学をするための手続きと手順」を一つずつ説明していきますので、留学の仕方を知りたい方は是非ご覧ください!

アメリカ留学のためのエージェントの選び方

まずアメリカ留学の手続きには有料のエージェントを使う方法と、無料で自力で行う方法の二種類があります。

有料のエージェントは

  • 学校の入学手続き
  • ビザの取得手続き
  • 航空券の手配
  • 留学中のサポート

等の様々なサービスを受けることが出来ますが、料金が数十万円以上とかなり高くなっています。

ある程度資金に余裕がある人であれば手っ取り早く手続き出来るのでおすすめですが、お金は留学の内容に全て回りたいという人であれば基本的に無料の方法でやる方がコスパが良いです。

無料の方法と言っても全て自力でやるわけではなく、無料の留学エージェントを使う事でかなり労力を簡略化できます。

手数料無料の留学エージェントとは?

学校への入学手続きの仲介などの手数料を無料でやってくれるエージェントがあるんです。

なぜ無料なのかと言うと、留学先の語学学校と提携しているため、生徒を紹介することでその学校から報酬を受け取っているからです。

なので留学する生徒さんからお金を取る必要が無いんですね。

その上で紹介料を受け取るために入学手続きなどはしっかりとやってくれます。

また場合によっては現地でのサポートや航空券の手配なども格安で提供してくれるオプションがある場合もありますが、ぶっちゃけその辺りは自力で全然できるものなので特になくても問題ないと思います。

僕はオプションで最初の空港からホームステイ先までの送ってくれるサービスを利用しましたが、それだけで全く問題ありませんでした。

 

ただ手数料無料のエージェントの場合、ビザの取得手続きだけはかなり労力が多いので自力でやらなければいけませんでした。

一応オプションで付いているところもありますが、これはそこそこ高額の値段になります。

そこで僕はアメリカ留学のための学生ビザの取得業者を利用しました。

これを使えばビザの取得手続きを数万円以内に抑えることが出来ます。

手数料が有料のエージェントだと数十万円もかかるので、これだけ費用を抑えられたらかなりの節約になりました。

留学エージェントは手数料無料のエージェントを選んで、ビザの取得は専門業者にお願いするのが一番コスパが良いと思います!

アメリカ留学の手続きの手順と流れは?

アメリカ留学をするための手続き手順を紹介していきたいと思います。

①エージェントを選ぶ

まずはエージェントを選ぶことから始めましょう。

エージェント無しで完全に自力でやることもできますが、その場合は学校と英語でやり取りしながら入学手続きをしないといけないのでかなり大変です。

さっき紹介した手数料無料のエージェントなら、その辺を一切費用をかけずにやってくれるので使わない手はないと思います。

ただ、エージェントにも当たり外れがあると言われているので、複数のエージェントの説明会などに参加してみてサービスが手厚そうな業者を選ぶと良いと思います。

②留学先の地域と学校を選ぶ

エージェントが決まったら実際に留学する学校を選んでいきましょう。

今回はアメリカ留学の説明になりますが、アメリカと言ってもかなり広いです。

西海岸や東海岸など色々な都市があるので、自分が希望する地域を改めて決めていくと良いですね。

人気の場所は東海岸ならニューヨーク、西海岸ならカリフォルニア州のロサンゼルスかサンフランシスコがやっぱり多いですね。

ただ人気の地域だけを考えると日本人が多くて全く英語の勉強ができないというデメリットもあるので、しっかりと英語を学びたい方は日本人が余り多くない学校を選ぶと良いです。

個人的に感じた事なのですが、日本人が多いとやっぱり英語学習にはかなり支障が出るかなと思います。

現地で友達を作るのには良いのですが、余りにも多すぎるとやっぱり勉強する気も無くなってくるのでこの辺りはしっかりと考えた方が良いと思います。

③ビザの取得手続き

留学先の地域や学校が決まったら次は留学するための一番のハードルであるビザの取得手続きをしていきます。

僕は実際に留学するまでビザ取得がこんなに面倒くさいとは思いませんでした。

時間も少しかかるので、余裕を持って手続きをした方が良いと思います。

学生ビザを取得するにはまず留学エージェントを通して学校への入学手続きをしてもらう必要があります。

申込み期間分の費用を払ったら現地の学校からビザ取得のために必要な書類が送られてきます。

この書類を使って手続きをするのですが、これ以外にも自分のプロファイル書類(身分の証明や婚姻の有無など)を集めた上で大使館に予約を取って面接を受けに行く必要があります。

さらに手続きのための費用も掛かります。

大使館で面接を受けるには事前の予約が必要なのでこれがも注意です。

(面接を受けるために大使館前に並ぶのですが、僕の前のカップルは予約を取っていなくて面接を受けられていませんでしたw)

面接と言っても軽い質疑応答のようなものですが、英語の場合もあるのである程度は事前に準備していくと良いと思います。

その面接後、問題なければ1,2週間後にビザとパスポートが郵送されてきます。

このビザ取得手続きが留学中一番面倒な作業でしたね。

というのもアメリカは9.11事件以降海外からの渡航者に対する目が厳しくなっています。

カナダとオーストラリアでもビザ取得手続きをしましたが、二つともほとんど手続きがいらかったのでアメリカはかなり面倒くさい方だと思います。

ここがアメリカ留学の大きなデメリットですね。

④航空券を取得して渡航!

ビザ取得までできたら後は航空券を取得して渡航するだけです!

航空券は1ヶ月以上前に取っておかないとかなり料金が高くなるので、なるべく前もって買うようにしましょう。

今は格安航空券などもあるので、費用を抑えたい方はそういった航空会社を利用するのが良いと思います。

結局飛行機の中で時間をつぶすだけなので安い飛行機でもそこまで問題には感じないと思います。

また事前にホームステイ先の住所などを送られてくるので、Googleマップでどんなステイ先なのか確認したりもできます。

この辺りが留学で一番ワクワクする時期なので、とても楽しいと思います!

まとめ

今回はアメリカ留学のための手続き手順について、気を付けるポイントなどを説明してみました!

カナダとオーストラリアの留学も経験していますが、初めてだったことを差し引いてもダントツでアメリカ留学の手続きが一番大変でした。

世界一豊かな国だけに色々とセキュリティーも厳しいですね。

ただそういった面倒な手続きを乗り切ってアメリカについた時のワクワク感はひとしおでした!

有料のエージェントを使って全部かんたんに終わらせてしまうのも有りですが、一度はこういった経験をしてみるのも有りだと思います!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です